今後も必要な介護用品

合言葉は、薄くてピッタリ、たくさん吸収

高齢化社会を迎えて、ご家族の介護をされている方も多いのではないでしょうか。そうした時に頼りになるのが大人用紙おむつです。一人でトイレに行けなかったり、あるいは行くことが出来ても時々失敗があったりする人には欠かすことの出来ない介護用品です。 大人用紙おむつも、現在は様々な種類が登場しています。普通に穿くパンツタイプからテープで留めるタイプのもの、パットなど、使う人や介護する人の状況や好みによって使い分けが出来るようになっています。今は素材の技術向上により、より薄くて吸収力の高いものが出てきました。それだけではなく、使用している人の不快感を軽減するため、より自然な使用感、消臭力が求められています。 今後はますます薄いけれども尿の吸収力がある、そんなタイプが出てくるのではないでしょうか。また、大人用紙おむつを穿いたままで外出したり、人前に出たり、という人や機会がこれからは増えることでしょう。大人用紙おむつもおしゃれさを求められるようになったと言えるのではないでしょうか。

どうやって選んだら良いの

今は様々な種類が出ている大人用紙おむつですが、種類が多すぎて返ってどれを選んだら良いのか分からない、という言葉も聞きます。 最初に考えなければならないことは、使用者が一人で、あるいはちょっと手を借りればトイレに行けるのか、それともほとんど寝たきりか、という点です。トイレに行ける場合はパンツタイプを選ぶべきですし、寝たきりということになればテープタイプが適しています。 また、どのぐらいの頻度で大人用紙おむつを取り替えられるのか、ということも大切です。尿の量に紙おむつの吸収量が追い付かないと、漏れてしまうからです。ですので、同じ方でも状況によって選ぶおむつを替えた方が良い、と言う場合もあります。夜などは長時間交換できないので、夜用の大きなものを選びましょう。 そして最後に、最も大切なことはそれを使用する人がどう感じるか、ということです。排泄は人間としての基本的な機能であり、行為です。使用する人と介護する人、お互いの尊厳を守れる大人用紙おむつが見つかるといいですね。